SEARCH
CLOSE
  • HOME
  • 1日15万食を提供する調理麺専門・・・
dsc00484
食品製造管理《経験者を募集!異文化コミュニケーション・商品開発にも挑戦できる工場内マネジメント職》

1日15万食を提供する調理麺専門の製造会社に潜入取材を敢行!

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
  • Pocketに保存

こんにちは、JOBLOGライターのなこです。
本日お邪魔するのは、九州屈指の美味しい調理麺を製造する「三協デリカ」さん。
九州・山口にある2450店舗ものセブンイレブンで販売されている麺類を
一手に引き受け製造していらっしゃる食品製造会社さんです。

福岡工場だけで、1日に15〜20万食。
とてつもない生産量です!
しかも、2016年には新しく山口エリアを担当を任されて、製造ラインを1本増やしたんだとか。
安心安全で美味しい麺類を一定数、恒常的に提供し続ける。
今日はその秘密の一端に触れつつ、
三協デリカさんの職場の雰囲気、そして現在、募集中の【食品製造管理者】のお仕事についても掘り下げていきたいと思います。

2
ちなみに建物の外観はこんな感じ。
広大な敷地に大きな建物がどーん!!本当に大っきい〜!
さすが、500人がお勤めというだけのことはあります。
ここ福岡と熊本、2つの工場が生産拠点となっているそうですよ。

ちなみに、工場の製造部門を管理しているのが、先ほども申し上げた食品製造管理の方々。
20名の食品製造管理者がシフト制で勤務をされているそうです。

任されているのは、工場内に勤務する社員・アルバイト・派遣スタッフの取りまとめに加えて、みんなが気持ち良く働ける環境をつくりながら全体の生産効率を上げていくこと。なんだか、すべて工場の要となるようなお仕事ですね。

通常は部外者が入ることのできない特殊な世界で、どんなスキルを求められるのか…非常に気になります。
それでは、早速行ってみましょう!

本社入り口で手渡されたのは、クリーンキャップ。
訪問早々ですが、三協デリカさんの安心安全に対する気合いの入れようにちょっと圧倒されそうです!
dsc00392
次に登場したのは見慣れない設備…
なるほど、服のホコリを取る機械ですね。
指示通り、全身にかけていきます。
004
と、そこで足元に違和感が。
005
…ものすごい吸着力のシートです!!!
寸分のチリさえも許さない徹底ぶりに感動すら覚えます。

そして、お次は、多くの企業でも一般的になってきたアルコール消毒。
006
集塵・消毒コーナーを抜けるとやっと事務所の入口です。

おおっ…
007
なんと、工場以外の事務員さんまで完全防備でした。
建物内の全員が帽子に白衣着用。

その理由は、セブンイレブン独自の衛生基準「NDF-HACCP認定制度」を取り入れているから。HACCPをもとに設定した約140項目もの安全基準をチェックし、一定以上の水準を超えていなければ認定工場になることはできないという、大変厳しいハードルです。

そのクオリティを維持するために、工場はもちろんのこと、社屋でも、髪の毛1本落とさないよう気をつかっているんですね。企業の真面目さ、誠実さが伝わってきます。

さて、会議室へ通してもらうと、どこからともなく
かぐわしいスープの香りが漂ってきます。(なんだかお腹が減ってきた…)

案内人の外村さんが登場。

naco

「こんにちは〜、今日はよろしくお願いします!」

hokamura

「こんにちは、どうぞよろしくお願いします。」(ちょっとだけ神妙な面持ち)

naco

「…どうかされました?」

008
hokamura

「実は、今日は【食品製造管理】の仕事について取材に来ていただいたのですが…、肝心の担当者がどうしても抜けられないことになってしまいまして…」

naco

「えぇ?!」

hokamura

「実は新商品の開発で、今は工場の機械を使った試作中でして。同じ品質のものを安定的に大量生産するために、機械の使い方から加熱時間までを網羅したマニュアルを製造開始までに完成させなくてはならないんですよ」

naco

「普段の製造管理だけでなく、商品開発にも関わっていらっしゃるんですね!」

hokamura

「そうなんです。やりがいは、大いにあると思うんですが、なかなか忙しいんですよ。昨年は生産ラインを一本増やしましたしね。年間の生産量も人員も増えて、今ちょうど体制を見直しているところではあるんです。」

naco

「体制を?」

hokamura

「アルバイトのシフトを細かく分けたり、残業を減らせるような取り組みも現在検討しているところ。やはり長く続けてもらうためにも労働環境は常に改善していく必要がありますから。…そんなわけで、今日は私がご案内していきますね」

naco-1-80x80

「はい!よろしくお願いします。」

hokamura-1-80x80

「じゃあ、まずは現場へ。早速、着替えてきてください」

009

1分後。

naco

「…」

010
hokamura

「で、マスクして」

011
hokamura

「体温を測って」

012
hokamura

「金属のチェックをして、何重にも集塵ローラーをかけホコリをとりまして」

013
hokamura

「手洗いは30秒!その後、消毒して、ハンドドライヤーで乾燥」

014
hokamura

「仕上げに次亜塩素酸ナトリウムで手袋を消毒して、完了です」

職業柄、さまざまな工場にお邪魔させていただくライターなこですが、三協デリカさんの徹底ぶりは、グンを抜いているように思います。ここまでやりきれるから、コンビニ業界最大手のセブンイレブンさんともパートナーシップを築くことができるんですね。

さて、ようやく工場内へ…

最初に通された部屋は『仕分け室』。
できあがった商品を種類ごとにコンテナに詰める
出荷の最終工程が行われる場所です。
床も機械もピカピカです。現在はシフトの交替時間のため、
運転は一旦ストップしているそうです。
015
hokamura

「手作業で詰めて、ベルトコンベアで一気に流していきます」

次に『野菜保管庫』。
016
夏場は傷みやすいので、多めに仕入れているのだとか。温度も、食品に合わせて適正に管理しているそうですよ。
保管庫から取り出した野菜は、次の部屋で下処理されていきます。
017
ネギはシュッシュッとリズミカルに下処理され、
018
キャベツは遠心分離機によって、一瞬で水切りされます。
そしてお次は『差圧冷却室』。
煮たり焼いたりして味付けした食品を、風の力で即冷却する部屋です。
外村さんのメガネも温度差で大変なことになってます…!
019
最後に見せていただいたのは『加熱調理室』。
麺や具材(エビ天・ごぼう天・お肉など)の
味付け・調理をする部屋です。

工場内を撮影していると、
「これ写真?撮影だよね??写真は恥ずかしいっ!撮らないでくださいよ〜」と逃げ惑う皆さんに
それを見て「ははは。ごめんね。」と目を細める外村さん。
職場の仲の良さが感じられて、ほっこりしました。
021
ゴボ天、カリッと揚がって本当に美味しそうですね(空腹感がすごい・・)
hokamura-1-80x80

「鍋の形状は、味を大きく左右する企業秘密なので
残念ながらお見せできません…」

この他にも様々な企業秘密が工場内にはありました。それら全てがしっかりと管理されていて、麺づくりにまっすぐな企業さんだというのが痛いほどに伝わってきます。

ちなみに、この工場で働く方の約50%は、
外国人留学生や技能研修生の方なんだとか。
023
タイムカードの棚には、見慣れないカタカナの名前がずらり。
ベトナムやネパールなどの東南アジア系の方が多く、
日本語ペラペラの人から、超カタコトの人まで幅広くいらっしゃるのだとか。
hokamura

「入社したては、まるで小学校みたいですよ。『作業しながら歌うな!』って怒られたりとか…(笑)」

そんな話をしていると、
どんどん人が増え始めました。

午後7時〜のシフトに合わせて、
みなさんが出勤してきたようです。
024
…すごい!ほとんど外国語しか聞こえない!
それから、声のボリュームに圧倒されます…
naco-1-80x80

「日本語が通じない方もいらっしゃるようですが、普段はどのようなコミュニケーションを?」

hokamura-1-80x80

「そうですねぇ。実はベトナムとネパールの通訳が常駐しているんですよね。あとはボディランゲージを使ったり。2年くらいすると、作業にも慣れて日本語も上達するのですが・・・」

naco

「何か気になることが?」

hokamura-1-80x80

「使った箸をその辺に置いて帰ったり、ネギの量を計らずに入れたり・・・主婦のパートさんから、指導を強化するように言われることもあって困っています。」

どうやら、食品製造管理には『外国人メンバーをしっかり教育すること』と『日本人メンバーの相談役として、しっかり話を聞いてあげられること』の2つが求められるようです。

次にお声がけしたのは商品開発部の河野さん。
入社2年目でありながら、すでに開発の第一線にいるのだそう。
やる気のある方には入社年次に関係なく仕事を任せていく、
そんな三協デリカさんの一面も垣間見れますね。
026
naco

「食品製造管理の方は、開発のパートナー的存在なんですよね?」

kouno

「新商品を工場でつくると、どんな仕上がりになるかの試作にご協力をいただいています。機械の特性や大釜で調理をすると微妙な味の違いが生まれるため、色々教えてもらいながら、理想の商品になるよう進めています」

naco

「現場を知り尽くしていますもんね!」

kouno

「そうですね。『何分後には、このくらい水分が飛ぶから、調味料は何CCで』というレシピを見せたら、『蒸発が心配なら、鍋口が狭いこっちの鍋を使ったほうがいいんじゃない?』とアドバイスをもらったり…3〜4か月ある開発期間のうち、1週間くらいは付き合ってもらっています。」

naco

「じゃあ、逆にもっとこうして欲しいという要望はありますか?」

kouno

「ベテランの方を相手に『こんな些細なことを相談してもいいのかな?』と迷うこともあるので、新しい食品製造管理の方が来てくれたなら、声をかけやすいオープンな雰囲気の方だと嬉しいですね」

なるほど。開発部のサポートの場面でも『相談しやすい』雰囲気を求められるようですね。

理想像が分かったところで、そろそろ空腹具合も限界です…
三協デリカさんを後にしました。

さて、この空腹は三協デリカさんの調理麺で満たすべし!

美味しい香りと新鮮な素材に囲まれたら、もうやるしかない。
工場の斜め向かいにあるセブンイレブンへ直行です!
027
やった〜!「コク旨ちゃんぽん」、最後の一個。
やっぱり人気なんですね。
028
製造者のところに、しっかり「三協デリカ 福岡工場」と印字されていますね。

それでは早速、事務所でいただきま〜す!
029
naco

「美味ァ〜〜〜いぃっ!」

本日お会いした皆さんが一生懸命つくっている姿が思い浮かんできて、
泣けてきます。しっかり堪能したいので、私はこの辺で〜!

〜まとめ〜

今回ご紹介した【食品製造管理】は、工場内のマネージャー的な位置付け。

雇用形態・担当業務・国籍・年齢、個性と、
さまざまなスタッフさんをまとめる包容力が求められています。

小学校の先生のように留学生を指導することもあれば
ベテランマダムの意見に耳を傾け工場内のルールに反映したり、
商品開発部と新商品の製造マニュアルをつくったりと…
さまざまな面から製造現場を支え、頼りにされる存在です。

このポジションに求められるのは、
【食品製造管理】の経験に加えて「面倒見のよさ」や
「文化や立場を超えたコミュニケーション能力」。
知識や経験以上に、人間性が問われる仕事だと感じました。

お仕事に興味が湧いたという方は
ぜひ、『応募する』ボタンからご応募くださいね!
取材 :
なこ
  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
  • Pocketに保存

スマートフォンを横向きでご覧いただくと、より見易くなります。

募集情報

募集職種 食品製造管理
雇用形態 正社員
仕事内容 調理麺製造の食品製造管理。工場全体を見渡す広い視野での製造環境づくりとスタッフの管理をお願いします。
給与 月給25万~45万円
勤務地 福岡工場(福岡市東区箱崎ふ頭6-8-41)
その他勤務地

熊本工場(熊本県熊本市北区和泉町三ツ塚168-14 フードパル熊本内)

勤務時間 17:00~翌2:00/23:00~翌8:00
休日・休暇 週休2日制(月9日/シフト制)
福利厚生 昇給年1回
賞与年2回
交通費支給(公共交通機関の場合は上限なし/マイカーの場合、ガソリン代月2万円まで)
社会保険完備
退職金制度(勤続3年以上)
社員旅行
応募資格 食品製造工場での製造や品質管理に関わる幅広い知識・経験
◎工場長や部門責任者など管理職ポストでのマネジメント経験
◎業務改善や製造環境の仕組みづくりに取り組んだ経験(HACCPの導入・運用など)
応募方法 ◎下の「応募ページへ」より所定の応募フォームに進み
必要事項を入力し、ご送信ください。
 
◎応募に関する不明点などがありましたら
下の「問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。
電話での問い合わせもOK。
 
※応募の秘密は厳守します。
※応募に際してお送りいただく個人情報は、採用業務にのみ利用し
他の目的での利用や第三者に譲渡・開示することはありません。
選考プロセス ◎JOBLOGの応募ボタンを押下

◎履歴書送付、書類選考

◎一次面接

◎最終面接

◎内定・入社

会社情報

会社・団体名 株式会社三協デリカ(熊本製粉グループ)
事業内容

調理麺の製造・販売(セブンイレブンで販売されるうどん・そば・ラーメンなど)※当社は、熊本製粉株式会社(1947年設立・製粉事業を中核に事業を展開)の100%出資企業です。 ■グループ会社:熊本製粉株式会社、白熊商事株式会社、熊本製粉ロジスティクス株式会社、株式会社きりしまベーカリー

資本金 3,000万円
代表者 代表取締役社長 野原 敏朗
従業員数 350名
売上高 121億円(2017年度実績)、108億円(2016年度実績)

連絡先

住所 〒 812-0051
福岡県福岡市東区箱崎ふ頭6-8-41
電話番号 092-632-4033
担当者 外村
Eメール
ウェブサイトURL http://www.sankyoo-d.co.jp